市民天文台

市民天文台 一般の観覧客を対象に、一般に天体を観測することができる国内初の市民天文台です。晴れた日昼には太陽観測を、夜には惑星と月・星雲・銀河など、さまざまな天体の世界に触れることができます。 -展示室:観覧客が体験することができる様々な展示物を利用 -主管側室:25㎝の超低分散屈折望遠鏡1台、天体自動検出及び追跡可能 -補助観測室:横6.6m、縦11.7mスライドなど -プラネタリウム室:夜間と同じ星座を投影

천문대1

大徳研究開発特区

大徳研究開発特区 大徳研究開発特区 – innopolis Daeduk 儒城は1973年に大徳研究団地の造成で大韓民国を代表する科学都市としての地位に名乗りを上げ、1993年の大田エキスポを通じて国際的な科学都市として様相を獲得しました。また2005年に大徳研究開発特区に指定され、既存の大徳研究団地の限界を克服してグローバル水準の革新クラスターへと跳躍しています。

엑스포공원

エキスポ科学公園

エキスポ科学公園 エキスポ学公園は、’93大田世界博覧会の成功を継承・記念するためのテーマパークです。近くの大徳研究団地、国立中央科学館、貨幣博物館、大田市民天文台などに引けをとらない名実ともに国民の科学教育の場です。公園前の甲川は旧大田八景の一つで、最近は渡り鳥がたくさん飛んできて壮観な景色です。公園内には、各テーマ別の展示館( Pavilion )として先端科学館、シミュレーション館、シーワールド、ドーム映像館、電気エネルギー館、エネルギー館、ハンビッタワー展望台が運営されています。展示館では、新しい映像が上映されています。

엑스포과학공원전경

国立中央科学館

国立中央科学館 様々な科学技術情報の収集・展示・調査・研究・保存および科学を教育する国立中央科学館は、常設展示館、特別展示館、天体館、先端科学館、生物探索館、サイエンスホール(映画館)、国際会議室、視聴覚室があり、最先端の磁気浮上列車の運行をしています。特に韓国の最大の23mドームの天体館など、さまざまな科学現象や機具を見て、感じて、体験して科学の生活化と青少年の科学技術への興味と創造性を育てることのできる科学技術の殿堂であります。

국립 중앙과학관

基本的な紹介

基本的な紹介 儒城は、大韓民国の未来をリードする科学都市です。 1973年に大徳研究団地の造成で大韓民国を代表する科学都市としての地位に名乗りを上げ、1993年の大田エキスポを通じて国際的な科学都市としての様相を獲得しました。 2005年大徳研究開発特区と指定され、世界の科学都市へと跳躍の準備がととのいました。 また2019年までに完了する国際科学ビジネスベルトは、儒城が科学とビジネスが融合された国の成長拠点として世界的レベルの基礎科学とビジネスのハブとして機能することになるでしょう。 それだけでなく儒城には KAISTをはじめとする様々な大学機関があり、高度の科学技術人材を養成しています。区でも科学に才能のある子どもの育成プログラムとして「才能のある子の科学メント」「科学ゴールデンベル」「土曜日には科学ピクニック」など未来の科学人材育成施策を展開しています。

한빛분수