resize

忠南大学校博物館

resize
忠南大学校博物館
•「忠南大学校博物館」は韓国の伝統文化の資料を収集・保管・展示することによって地域住民の文化意識レベルの向上に寄与するべく1968年4月28日に設立されました。
この博物館は展示室、学芸研究室、視聴覚室、遺物収蔵庫、遺物整理室、図書室、ミュージアムショップ、事務室、機械室などの施設を備え、2,000余点の歴史遺物と1,000点余りの教師資料を所蔵しています。展示室には旧石器時代の石核と尖頭器等の打製石器、新石器時代時代の櫛文土器等と各種石器類、青銅器時代の無紋土器と青銅剣、三国時代の様々な土器類、高麗時代の青磁、朝鮮時代の磁器類、絵画類、書籍類、最近の民俗資料と教師資料等が時代順に展示されています。